即日融資

プロミスで借りた後に住宅ローンの審査は大丈夫?落ちる可能性はこれ

住宅ローンは非常に審査の厳しい金融商品です。もし支払いができなくなってしまうと、所有している家を差し押さえになってしまうリスクもあります。

住宅ローンを提供することができる金融機関は銀行だけですが、銀行ではプロミスのように消費者金融からの借り入れがある場合は契約が難しくなることがあります。

すべての金融機関がそういう対応をするとは限りませんが、お金を借りている状況があるということは経済的に不安定で困窮していると判断せざるをえないからです。

また、借入先が銀行か消費者金融かでも異なります。消費者金融のローンは一般的に高金利なものが多いため、契約者の支払い能力を圧迫する可能性があります。銀行のローンだから良いというわけではなく、とにかく他社に何かしらの借入がある場合は不利になるのです。

もし契約をしていて利用していないカードローンがあった場合は解約しておきましょう。

住宅ローンの審査を受けるときに利用していなくても、その後使う可能性があり、その限度額は支払い能力を低下させる原因になります。

審査では他社で契約しているカードローンやクレジットカードのキャッシング枠も利用している前提で判断します。

ただし住宅ローンの中にはカードローンの契約があっても、深い付き合いがあることで判断が分かれるケースがあります。

特に長い間利用していて収入や支出に関するデータがそろっていると、それほど影響を与えないこともあります。

プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融です。

プロミスで長い利用実績があり、支払い能力に十分余裕があり、信用されていれば、三井住友銀行が提供している住宅ローンでは他行のものと比較すると影響が軽微になります。

プロミスは消費者金融ですので、もともと年収の3分の1以上の借入をすることはできません。低金利のローンになっていれば当然収入証明書の提出もあり、契約者の状況を把握することができます。

また、十分な頭金が用意できていないことで落ちてしまうことも考えられます。頭金をたくさん用意してあれば、多少の借り入れがあっても契約できる場合もあります。

しかしカードローンのほうが金利は高いので、頭金として用意するよりも一度完済して契約も解除してから申し込みをしたほうが、審査に通る可能性は高くなります。利用実績は数年間信用情報に残りますが、その間のカードローンの使い方も判断の基準になりますので、日ごろからお金の借り方と返し方には注意しておきましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

468*60
Return Top